ABOUT US 会社を知る

組込み技術事業部

複雑なソフトウェア開発を
効率化し、質の高い
製品づくりをリードする。

複雑なソフトウェア開発を
効率化し、質の高い
製品づくりをリードする。

高橋修 組込み技術事業部長
大手SIerを経て、2001年入社。大規模・複雑化した組込みソフトウェア開発の効率化を事業ミッションとし、各種モデリング手法やプラットフォーム化を活用した開発手法の提案を行い顧客ニーズに応えている。

自動車分野向けのソフトウェア開発、および開発支援ツール開発が主力。

 

組込み技術事業部は、家電製品や産業機器などの機械を制御する組込みソフトウェアを専門とする部署です。事業を始めた頃は、自動車、携帯・スマートフォン、民生機器など様々な分野のソフトウェア開発を行っていました。機械の制御は不具合のない安定した動作を前提に、短時間で処理を行わないと制御が間に合わなくなる恐れがあるため、様々なノウハウが必要となります。現在は、自動運転など高度化が進んでいる自動車分野向けのソフトウェアが注力するマーケットとなっています。

今、私たちが手掛けているのは、ソフトウェアが動作する土台となる「プラットフォーム」と呼ばれる部分の開発や、業界での標準プラットフォームを活用したシステムの開発です。

最近は自動運転の基盤になる仕組みにも携わっていて、これまでに自動車関連メーカーの技術開発や実証実験にも参画しています。近年の自動車は安全機能やエコに対するニーズが高まり、組込みソフトウェアの比重も上がっています。2000年頃のクルマと比べると、今のクルマの中で動いているコンピュータの台数は約10100倍。やりとりする情報量は約200倍に増え、今後も電子化は進んでいく見込みです。

 

私たちが自動車分野に注力するようになったのは、AUTOSAR(オートザー)という国際標準にもとづくプラットフォームづくりがきっかけです。AUTOSARは自動車の中のソフトウェアを流通させたり効率よく作るための国際基準で、欧州を中心に2003年に制定。2004年に最初のバージョンが発行されています。自動車産業は国際規格が先に進んで日本が後から追挙するというケースが多く、当時、国内にはAUTOSARについて知る人がいませんでした。そんな中、当社に声がかかり知見を獲得。国内で他社に先駆けてAUTOSARを理解し、AUTOSAR規格の導入や活用などの開発ニーズに応えられるように活動規模を拡大していきました。最近では、自動運転の実現に向けた基盤ソフトウェアの開発やMaaSサービス開発にも参画しています。

 

 

私たちの強みは、組込みソフトウェア開発のみならず、プラットフォームを活用したソフトウェア開発を効率的に行うための手順と支援ツールも開発できることです。近年の組込みソフトウェアは大規模となり、クラウドとの連携や製品を利用するユーザ向けの画面など、実現する範囲も広くなっています。従来の組込み開発手法ではカバーできない、あるいは効率的に開発を進められない問題が出てきます。この問題に対処するために、開発の手順や利用するプログラム言語の選定を行うとともに、開発を支援するためのツール整備が重要となります。私たちは、開発したいソフトウェア内容の分析やプログラムの自動生成といった開発支援を行う道具を自ら検討し、実現することができます。

実際に自動車用コンピュータを開発しているメーカーで、支援ツールを導入いただいた事例をご紹介します。そのメーカーでは自社で仕様書を作成し、外部のソフトウェア開発会社に依頼してプログラムを開発するというスキームで業務を行なっていました。その改善に向けて、私たちが支援ツール群を検討し、仕様書からプログラムコードを自動生成できるツールを開発した結果、業務の外部委託が不要となりました。このことで開発費用の低減と開発サイクルの短期化が実現でき、導入いただいたメーカーの開発者には大変喜ばれました。

技術サイクルが早い業界で、常に変化を先取りする。

プログラムを書くだけでなく、作ったものをどう活かすか。

メーカー向けのソフトウェア開発だけではなく、開発の手法やソフトウェアを活用できるように、標準化やメーカーの開発部署への展開支援も行っています。標準化の実績としては、日本国内の自動車向け規格の標準化団体の活動に参加し、ソフトウェアプラットフォームの標準規格の策定にも参加しました。また、開発した自動車制御向けのソフトウェアは、様々な要求に対応できるよう設計しており、実際に市販されている複数の車両に搭載いただいています。

私たちが大切にしているのは、お客様としっかりと向き合うこと。依頼されたプログラムを書けるのは当然で、開発の背景を過不足なく理解し、お客様の要望にミートするのが私たちの仕事です。自動車産業は規模が大きく技術サイクルも早いので、3年間投資したシステムをあっさり捨てることもあります。できたものをどう活かすのかを理解していないと無駄が生じてしまうので、お客様の作ろうとしているものがどの段階にあるのかを理解し、時間とお金をどこまでかけるかも含め、納得していただけるよう心がけています。

自動運転を使ったサービスや宇宙産業、医療分野まで。

組込み技術事業部のスタッフは20名(202110月現在)。事業部がスタートしてまだ10年ほどなので、半数は初学から組込みを学びました。組込みがITと違うのは、動いている物体を相手にするという点です。工学系の高度な学術知識は必要ありませんが、数学や物理の素養があった方がよりスムーズに仕事を理解できると思います。向いているのは、新しい技術や開発の仕方に関心の高い人。昔のやり方はもって数年。プログラム言語も品質や機能的に優れたものが数年ごとに増えていきます。変化を先取りしないとお客様にも最適な提案ができないので、安定を望む人には面白くないかもしれません。決められた手順をこなすのではなく、手法をどう活かすかを考えるのが私たちの仕事の面白さです。

今は自動車メーカーの仕事が中心ですが、今後は自動運転を使ってサービスを提供する会社からの需要が伸びていくと考えています。例えば、スマホを使って旅行中に現在地点まで自動運転車両に来てもらい、次の観光地につくまでの間、休憩したり景観を楽しむ体験ができるサービスや、靴や服など試着が必要な商品が欲しいときに移動式のお店を自宅に呼んで購入するなど、様々なニーズが予想され、そういったアイデアを持つ企業のスタートアップも視野に入れています。また、自動車分野向けの開発ノウハウは宇宙産業や医療産業向けソフトウェア開発でも生かせると考えており、将来は各分野向けのソフトウェア、および自動車、医療サービス開発にも取り組んで行ければと考えています。常に先を予測して、新しいエンジニアリングサービスを提供できるように努めていきます。

 

READ MORE もっと会社を知る

  • 未来デザイン室

    新たなモノづくりを通し、技術獲得とメンバーの成長をめざす部署の垣根を超えたプロジェクト。
  • 医療システム事業部

    めまぐるしく変化するヘルスケア業界の一歩先をゆく存在として、医療現場を支えるシステムを構築。
  • 医学教育支援室

    複雑な医学部の臨床・臨地実習を支援するシステムづくりで効率化と教育の質を高める。