MEMBER 社員を知る

相手のために行動する
“茶道の精神”を仕事で活かし
ユーザーに価値を届ける。

相手のために行動する
“茶道の精神”を仕事で活かし
ユーザーに価値を届ける。

ITサービス事業部
アプリケーションエンジニア

上坂 静耶

2020年入社 / 福井本社勤務

PROFILE

大学時代、ゼミでプログラムを書いた経験から福井のIT企業に的を絞って就活。新入社員研修の自由課題では、給湯室の掃除当番をチャットで伝達するアプリを作って発表、今も活用されている。研修後はフロントエンドエンジニアとしてタクシーの配車アプリ開発を担当する。

INTERVIEW

入社したきっかけ・決め手は?

コロナ禍以前からリモートワークを取り入れ、産休育休の制度も整っていて女性が活躍できそうな会社だと感じて興味を持ちました。当社の採用サイトで「ソフトウェアは人が人のためにつくるもの」という社長メッセージを見たのも、この会社を選んだ理由の一つです。私が長年続けている茶道は、一服のお茶に思いを込め、相手のために準備しておもてなしをするのですが、社長の言葉を見て「これは茶道だ!」と思い、同じことを仕事でできたらいいなと、入社を決めました。

 

現在の仕事内容は?仕事の面白さは?

入社した時期が新型コロナウイルスが蔓延し始めた時期だったので、入社式当日にパソコンとモニタを持ち帰り、6月までリモートで研修を受けました。7月以降はOJTで3次元地図データのダウンロード用Webアプリの開発を行った後、相乗りタクシーサービス運用Webアプリ開発に携わり、現在はタクシー配車ミニアプリの開発を担当しています。タクシーを呼びキャッシュレスでの支払いまでを一貫してできるアプリで、私が担当しているのはユーザーの目に触れるフロントエンド部分。使い勝手を意識しながら開発に取り組んでいます。まだアプリのリリースは経験していないのですが、お客様からのレビューで喜びの声を聞けたときは嬉しかったですし、他のメンバーから「上坂さんなら大丈夫」と言ってもらえたときは自分自身の成長を感じることができました。

永和システムマネジメントで働く理由は?

事業部で勉強会をやりたいという声が上がるとすぐに実現されるなど、社員の声が通りやすい雰囲気があります。事業部内で自分がチャレンジしてみたことを発表する場があり、向上心の高いメンバーが多いので、話を聞いているだけでもいい刺激をもらえます。また、事業部には開発環境整備基金という予算があり、高性能のマウスやキーボード、ソフトウェアライセンスなど開発環境を整えるための備品やサービスを事業部の経費で購入してもらえる制度があります。リモートワークが一気に進んだときには、どのイヤフォンが良かったかなどの社内レビューがあり、購入の参考になりました。自分たちが働く環境を自分たちで整え、気になる所は自分たちで改善していこうという気風があり、働きやすさを感じています。

休日は何をして過ごしていますか?

週に1度、高校時代から続けている茶道の稽古に通っています。美術館も昔から好きで、興味がある企画展があると足を運んでいます。その他、気になる技術の勉強もしています。使ったことのないフレームワークの最新版チュートリアルをやってみたり…技術は速いスピードで変わっていくので、変化についていけるよう常に意識しています。

 

今後の目標は?

文系出身なので入社時はついていけるか多少不安がありましたが、未経験で入社した人も多いと聞いていましたし、入社後は教育面でのフォローもあり、少しずつできることが増えてきました。入社4年目から評価が昇給に反映されるので、それまでには1人前になれたらと思っています。ユーザーが幸せになるようなシステムを作れるよう、まずは知識と技術を身に着け経験値を積み、社内外を問わず頼られる人材になるのが目標です。自分にできることを増やし、ユーザーに価値を届けていきたいですね。

 

READ MORE 他のメンバーを見る

  • 医療×情報の知識を武器にどんな相談にも応えられるよう営業職を極める。

    医療システム事業部
    営業

    竹原 健太

    2015年入社 / 福井本社勤務
  • 一人ひとりに合った働き方ができる環境で、スキルアップをめざす。

    医療システム事業部
    医療カスタマエンジニア

    中尾 佳奈

    2008年入社 / 福井本社勤務
  • 組込み開発を支援し、お客様に喜んでもらえるものづくりを。

    組込み技術事業部
    組込みエンジニア

    属増 拓実

    2017年入社 / 福井本社勤務